選択ポイントは安全性

アートメイクは今や、様々な場所で施術を受けることができますが、まず必ず知っておかなければいけないことは、アートメイクは医療行為であるというポイントです。つまり、医療のライセンスを持つ医師のみが施術を行うことができますので、美容皮膚科や美容クリニックといった医療機関で受ける必要があります。資格を持たない者が施術を行うことはできませんので、エステサロンや医師がいないお店やクリニックで施術を行っている場合には、まず怪しいと考えてよいでしょう。安さやうたい文句に惹かれて間違った場所で施術を行うと、後にトラブルが発生し、後悔してしまうかもしれません。そのようなことがないように、事前に確認を行い、不明な点はきちんと質問をして、納得した上で施術を受けるようにしてください。

皮膚に入るものですから、アートメイクを選択する上で、最も重要なポイントは、安全性になります。安心して任せることができる医療機関で施術を行うことで、認可を受けている色素を用いますので、安全な施術を受けることができます。アートメイクを選択する場合には、安さではなく、何よりも安全性を重視するようにしてください。その為にも、アートメイクについての知識が必須になりますので、事前に勉強するようにしましょう。

アートメイクの特徴

アートメイクの特徴について、まずはタトゥーとの違いを知っておきましょう。タトゥーとは、一度色を入れてしまうと、一生色が落ちることはなく、色褪せずそのままの状態を保ちますが、アートメイクの場合は、色を入れても、徐々に落ちていきますので、数年が経過すると色は薄くなります。何故そのような色落ちに差が生じるのか、それはそもそも施術方法が異なることが原因です。

施術する際の機器や色素も異なりますが、アートメイクとタトゥーは、その色を入れる皮膚の層が異なります。皮膚は、表面から表皮、表皮より深い層を真皮という構成になっているのですが、アートメイクは表皮の浅い部分に色を入れ、タトゥーは真皮まで深い部分に色を入れます。つまり、表皮は角質を含む部分となる為、皮膚が新陳代謝を繰り返すことで、色も時間と共に落ちていくことになります。アートメイクで色を入れる際、そういった理由もあり、何度かに分けて色を定着させる施術を行うことが一般的とされています。また、タトゥーの場合は麻酔をしないで施術しますので、相当な痛みを伴いますが、アートメイクの場合は麻酔クリーム等を用いて痛みを軽減することができるという違いもあります。

お勧めアートメイク

毎日の化粧が面倒臭い、素顔でも人前に出ることができる状態でありたい、スポーツをしたり、スパに行ってもすっぴんで見られる顔でありたい、そう希望する方には、アートメイクをされることをお勧めします。アートメイクとは、専用の針を用いて、皮膚に色素を入れて定着させる施術になりますが、アートメイクをすることによって、その毎日のメイクストレスが軽減されますので、興味のある方にはぜひお勧めしたい施術です。

アートメイクと聞いて、多くの方がタトゥーをイメージされ、便利だけれど、相当な痛みを伴うのではないかと、不安や恐怖感を抱かれる方も多いかもしれません。実際には、タトゥーとは根本的に異なる施術であり、個人差はありますが、痛みも軽減することが可能です。アートメイクでパーツを描くことで、素顔のままでも人前に出ることができる程、自分に自信を持つことができますので、本当にお勧めです

アートメイクは近年施術される方が急増し、その人気は今も続いていますが、それに伴い、知識がないまま施術され、トラブルも目立つようになってきたこともまた事実です。アートメイクは正しく施術を受けることができれば、時短メイクやメイクストレスからの開放と、メリットが沢山ある施術です。失敗しないアートメイクを受ける為にも、事前にしっかりとアートメイクの施術方法やメリットについて理解しておく必要がありますので、ここではアートメイクについての紹介を行います。