アートメイクの特徴

アートメイクの特徴について、まずはタトゥーとの違いを知っておきましょう。タトゥーとは、一度色を入れてしまうと、一生色が落ちることはなく、色褪せずそのままの状態を保ちますが、アートメイクの場合は、色を入れても、徐々に落ちていきますので、数年が経過すると色は薄くなります。何故そのような色落ちに差が生じるのか、それはそもそも施術方法が異なることが原因です。

施術する際の機器や色素も異なりますが、アートメイクとタトゥーは、その色を入れる皮膚の層が異なります。皮膚は、表面から表皮、表皮より深い層を真皮という構成になっているのですが、アートメイクは表皮の浅い部分に色を入れ、タトゥーは真皮まで深い部分に色を入れます。つまり、表皮は角質を含む部分となる為、皮膚が新陳代謝を繰り返すことで、色も時間と共に落ちていくことになります。アートメイクで色を入れる際、そういった理由もあり、何度かに分けて色を定着させる施術を行うことが一般的とされています。また、タトゥーの場合は麻酔をしないで施術しますので、相当な痛みを伴いますが、アートメイクの場合は麻酔クリーム等を用いて痛みを軽減することができるという違いもあります。